PIC(1)-スイッチによるLED点灯

PICはMicrochipTechnology社が製造しているマイコンです。PICは、Peripheral Interface Controllerの略で、日本語訳にすると周辺機器接続部制御となります。PICはマイコンの一種で、CPUや入出力インターフェイス(I/O)、メモリ(RAM、ROM)が一つのICの中に搭載されたワンチップマイコンが主流です。以前のマイコンはCPUやI/O、RAM、ROMは別々のICとして分かれていたようです。PICは機能の違いやピン数の違い、メモリ容量の違いなどでさまざまな種類があります。

今回は、PICを使用して、LEDを制御してみたいと思います。使用するマイコンは、PIC16F627Aです。以下のようなH/Wがセットになっている書籍があったので購入して使用しました。

キットで遊ぼう電子回路 新PIC入門C言語編

下記から統合開発環境「MPLABX」がダウンロードできるので、ダウンロードしてインストールしておきます。インストールするとXCコンパイラをインストールすかどうか問い合わせがあると思いますので、XC8コンパイラを忘れずにインストールしておいてください。

https://www.microchip.com/mplab/mplab-x-ide

それではMPLABを実行して、開発環境を開きます

新規プロジェクトを作成していきます。FileメニューよりNewProjectを選択します。新規プロジェクト作成ダイアログが開かれれるので、Standalone Projectを選択して、Nextを選択します。

ここでは、使用するデバイス(PIC)を選択して、Nextを選択します。使用するデバイスは、PIC16F627Aです。

ヘッダーの選択画面が開かれますが、今回使用しないので、Nextを選択します。使用しているPICライターの選択ダイアログ開かれます。私はPICkit3を使用しているので、PICkit3を選択して、Nextを選択します。

使用するコンパイラを選択するダイアログが開かれので、XC8を選択します。XC8はMPLAB Xをインストールした時にはインストールすると思いますが、インストールしなかった場合は別途インストールしてください。

プロジェクトの作成先を選択するダイアログが開かれます。Project Name、Project Location、Project Folderを設定します。今回は、Project NameをSample_LED_001、Project Locationをドキュメントフォルダの中のMPLABフォルダにしました。Project NameとProject Locationを設定するとProject Folderが自動で設定されます。日本語文字を使用する為に、EncordingはShift_JISを選択して、Finishを選択します。

これで、新規プロジェクトの作成は完成です。画面左上側にプロジェクトが表示されているのがわかります。それでは、ソースファイルの作成に取り組みます。Projectsの中のSorce Filesを右クリックして、メニューの中のNew→C Source Fileを選択します。ファイル名を設定して、Finishを選択します。C Source Fileのファイル名設定画面が表示されるので、ファイル名を設定して、Finishを選択します。

C Source Fileが作成されたので、この中にプログラムを書き込んでいきます。

続きを読む

RX(1)-スイッチによるLED点灯

RXファミリの マイコンは、高い演算性能と優れた低消費電力性能をもつルネサスオリジナルのRXv1/RXv2/RXv3コアを搭載した32ビットマイコンです。今回、使用するマイコンは、「RX65N」になります。「Renesas Starter Kit+ for RX65N-2MB」評価ボードを使用します。

使用する統合開発環境は「CS+」を使用します。インストール方法はRL78シリーズと同じです。下記のページを参考にしてください。

RL78G13(1)-スイッチによるLED点灯

コンパイラの無償版は、RL78の場合、リンクサイズを64Kバイト以内に制限されていました。RXファミリの場合、リンクサイズを128Kバイト以内に制限しています。

今回は、LEDが点灯できるようなファームウェアを作成してみます。まずは、新規プロジェクトを作成します。[ファイル]→[新規作成]→[新しいプロジェクトを作成]を選択します。

すると、プロジェクト作成ダイアログが表示されるので、初期情報を入力します。今回使用するマイコンは、RXシリーズのR5F565NEHDFC(ROMサイズ:2MB、ピン数:176ピン)なので、マイクロコントローラは「RX」を選択、使用するマイクロコントローラは「R5F565NEHxFC」を選択します。プロジェクトファイルの種類は、「アプリケーション(CC-RL)」を選択、プロジェクト名、作業場所を入力して、「作成」ボタンを押します。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 はコチラ。あなたは会員ですか ? 会員登録はコチラ!

RL78G13(2)-タイマを使用したLEDの点滅

今回は、Timerを使用してLEDを点滅させるファームウェアを作成します。
使用するマイコンは「RL78G13」、評価ボードは、「Renesas Starter kit for RL78/G13」です。

それでは、新規プロジェクトを作成します。
新規プロジェクトの作成方法は、下記のページを参考にしてください。

RL78G13(1)-SWによるLED点灯

今回は、プロジェクト名を「RL78G13_TimerLED」としました。

それでは、コード生成ツールを使用して、設定を行っていきます。
[クロック発生回路]、[ウォッチドック・タイマ]はSWによるLED点灯消灯で
行った設定と同じです。

次にポートの設定を行います。プロジェクトツリーから[コード生成ツール]→[ポート]を選択します。 今回使用する評価ボードには、LEDが4つ用意されております。LEDはP52のポートを使用します。「ポート5」のタブを選択して、P52を「出力」にします。

次にTimerの設定を行います。プロジェクトツリーから[コード生成ツール]→[タイマ]を選択します。 チャンネル0を「インターバル・タイマ」にします。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 はコチラ。あなたは会員ですか ? 会員登録はコチラ!

RL78G13(1)-スイッチによるLED点灯

Renesas Electronics(ルネサスエレクトロニクス)は、三菱電機、日立製作所から分社化していたルネサス テクノロジと、NECから分社化していたNECエレクトロニクスの経営統合によって設立された半導体メーカーです。Renesas製のマイコンは「RL78シリーズ」「RXシリーズ」「RZシリーズ」「Renesas Synargy」の大きく4つのシリーズにわけられます。

今回は、RL78シリーズのマイコンを動かしてみようと思います。使用するマイコンは、RL78G13になります。 基板はRenesasから販売されている下記のような評価ボードを使用します。

使用する統合開発環境は「CS+」を使用します。統合開発環境には、eclipseベースの「e2Studio」もあります。 CS+のコンパイラには、「CC」の他にも「CA,CX」があります。RL78シリーズのコンパイラは「CC」となりますので、
注意してください。インストーラはCCコンパイラがパッケージ化されたCS+があります。インストーラをダウロードするには、 Renesasへのユーザ登録が必要です。とくにユーザ登録に費用はかかりません。ただし、コンパイラは無償版と有償版があります。 無償版は、RL78の場合、リンクサイズを64Kバイト以内に制限しています。詳しくは下記のページを参照ください。また、下記のページからインストーラのダウンロードページにいくことができます。

https://www.renesas.com/jp/ja/products/software-tools/evaluation-software-tools.html

64Kバイトに制限されているものの、64Kバイトもあれば、さまざまな機能を盛り込むことが可能なので、無償版を使用してファームウェアを作成しようと思います。今回は、LEDが点灯できるようなファームウェアを作成してみます。

まずは、新規プロジェクトを作成します。[ファイル]→[新規作成]→[新しいプロジェクトを作成]を選択します。

すると、プロジェクト作成ダイアログが表示されるので、初期情報を入力します。今回使用するマイコンは、RL78シリーズのR5F100LE(ROMサイズ:64KB、ピン数64:ピン)なので、マイクロコントローラは「RL78」を選択、使用するマイクロコントローラは「R5F100LE」を選択します。R5F100LE?と思うかたがいるかもしれません。RL78G13にはさまざまな種類があります。ピン数やROMサイズで型番が変わります。プロジェクトファイルの種類は、「アプリケーション(CC-RL)」を選択、プロジェクト名、作業場所を入力して、「作成」ボタンを押します。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 はコチラ。あなたは会員ですか ? 会員登録はコチラ!