STM32(1)-LED点滅機能

RenesasでArmコア搭載のマイコンというと、RZやRenesas Synergy、RAマイコンがあります。Rensas Synergyに関しては、下記の記事で動作確認をしています。

RenesasSynergy(1)-LED点滅

今回は、STM32ファミリを使用してみたいと思います。STM32ファミリは、STMicroelectronicsの製品で、Arm Cortex-Mを搭載した32bitマイコンです。前から使用してみたいなと思っており、今回使用する機会ができたので使用したいと思います。

まずは、LEDの点滅をさせてみたいと思います。使用する評価ボードは、NUCLEO-F446REになります。STM32F446マイコンが搭載された評価ボードになります。mbedでも開発ができる評価ボードとなっております。今回は、「STM32CubeIDE」を使用して開発を行います。

「STM32CubeIDE」は下記のサイトからダウンロードできます。

https://www.st.com/ja/development-tools/stm32cubeide.html

それでは、LEDの点滅機能を構築したいと思います。まずは、新規プロジェクトを作成します。メニューより「File」→「New」→「STM32 Project」を選択します。

「Target Selection」画面が表示されるので、ターゲットを選択します。今回、評価ボードを使用するので、「Board Selector」タブを選択して、表示されたターゲットボードから使用するボードを選択後、「Next」ボタンを押します。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 ログインはこちら。
ログインするためには新規会員登録が必要です。会員登録はこちら。