WROOM-02(3)-通信体系

前回、WROOM-02(ESP8266デバイス)を使う為に、Arduino IDEのセットアップをしました。今回、WROOM-02を使用して、無線通信を行おうと思うのですが、通信体系について考えておこうと思います。

主要な通信体系は大きくわけて下記の3つ考えれられます。

  1. WROOM-02を親機と考えたPCとWROOM-02の通信
  2. PCを親機と考えたPCとWROOM-02の通信
  3. PCとWROOM-02の間に無線ルーターを挟んだPCとWROOM-02の通信

他にもあると思いますが、主要なものはこの3つかなと思われます。

まずは、1 のWROOM-02を親機と考えたPCとWROOM-02の通信を行おうと思います。1 のWROOM-02を親機と考えたPCとWROOM-02の通信をする為のコードは下記のようになります。※注意:下記のコードをesp8266に書き込むと、ATコマンドは使用できなくなります。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

Android(2)-アプリケーション作成の流れ

Androidアプリケーションの開発環境の準備ができたので、簡易的なアプリケーションを作成しようと思います。下記のようなアプリケーションを作成しします。

それでは、作成していきます。

まずは、AndroidStudioを実行します。実行すると下記のような画面が表示されるので、「Start a new Android Studio Project」を選択します。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

Android(1)-開発環境(AndroidStudio)の準備

Androidアプリケーションの開発環境といえば、AndroidStudioです。Androidのモバイルデバイスが普及し始めた当初は、eclipseにAndroidを開発できる環境をアドオンしてアプリケーションを開発していました。今は、AndroidStudioがありますので、開発環境を準備するのもシンプルになりました。それでは、AndroidStudioをインストールします。

まずは、下記のサイトからAndroidStudioのインストーラをダウンロードします。

https://developer.android.com/studio/?hl=ja

「android-studio-ide-〇〇〇.〇〇〇〇〇〇〇-windows.exe」というファイルがダウンロードされると思います。これをダブルクリックで実行すると、インストールが開始されます。インストールを開始すると下記のような画面が表示されます。「Next」ボタンを選択します。

「Next」ボタンを選択します。「Android Virtual Device」が必要なければ、チェックを外します。「Android Virtual Device」は、仮想端末を作成できます。Androidデバイスが無くても動作確認ができます。

「Next」ボタンを選択します。ここでは、AndroidStudioのインストール先を指定しています。

「Install」を選択します。ここでは、AndroidStudioをどのスタートメニューフォルダに配置するか選択することができます。

インストールが完了しました。「Next」ボタンを選択します。

これで、Andoridの開発環境の準備は完了です。「Finish」ボタンを押してインストーラを閉じます。