RX(1)-スイッチによるLED点灯

RXファミリの マイコンは、高い演算性能と優れた低消費電力性能をもつルネサスオリジナルのRXv1/RXv2/RXv3コアを搭載した32ビットマイコンです。今回、使用するマイコンは、「RX65N」になります。「Renesas Starter Kit+ for RX65N-2MB」評価ボードを使用します。

使用する統合開発環境は「CS+」を使用します。インストール方法はRL78シリーズと同じです。下記のページを参考にしてください。

RL78G13(1)-スイッチによるLED点灯

コンパイラの無償版は、RL78の場合、リンクサイズを64Kバイト以内に制限されていました。RXファミリの場合、リンクサイズを128Kバイト以内に制限しています。

今回は、LEDが点灯できるようなファームウェアを作成してみます。まずは、新規プロジェクトを作成します。[ファイル]→[新規作成]→[新しいプロジェクトを作成]を選択します。

すると、プロジェクト作成ダイアログが表示されるので、初期情報を入力します。今回使用するマイコンは、RXシリーズのR5F565NEHDFC(ROMサイズ:2MB、ピン数:176ピン)なので、マイクロコントローラは「RX」を選択、使用するマイクロコントローラは「R5F565NEHxFC」を選択します。プロジェクトファイルの種類は、「アプリケーション(CC-RL)」を選択、プロジェクト名、作業場所を入力して、「作成」ボタンを押します。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について