RenesasSynergy(10)-サービスコール関数

前回は、Renesas Synergy S7G2マイコンをRS232通信機能とMessagingの機能を追加したファームウェアを作成しました。今回は、このMessaging機能の変わりに、ThreadXに用意されているサービスコール関数を使用して、thread間の処理の受け渡しを行おうと思います。使用する評価ボードは、RenesasSynergyマイコン「S7G2」が搭載されている「SK-S7G2」です。

それでは、新規プロジェクトを作成します。 新規プロジェクトの作成方法は、下記のページを参考にしてください。

RenesasSynergy(1)-LED点滅

threadを2つ追加します。threadの作成方法は、下記のページを参照してください。

RenesasSynergy(3)-タイマを使用したLEDの点滅

new_thread0、new_thread1を作成しました。今回、TIme Slicing intervalを0で設定していますので、注意してください。

続いて、UARTをnew_thread1に追加します。UARTの追加方法は下記のページを参照してください。

RenesasSynergy(8)-RS232通信

下記のようにthreadの追加、UARTの追加をしました。

それでは、[Generate Project Content]を選択して、ソースコードを生成します。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 はコチラ。あなたは会員ですか ? 会員登録はコチラ!

RenesasSynergy(9)-Messaging機能

前回は、Renesas Synergy S7G2マイコンをRS232通信機能を追加したファームウェアを作成しました。今回は、このファームウェにMessaging機能を追加して、thread間の処理の受け渡しを行おうと思います。使用する評価ボードは、RenesasSynergyマイコン「S7G2」が搭載されている「SK-S7G2」です。前回作成したプロジェクトファイルを改良していこうと思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 はコチラ。あなたは会員ですか ? 会員登録はコチラ!

RenesasSynergy(8)-RS232通信

今回は、RS232通信機能を追加したファームウェアを作成します。使用する評価ボードは、RenesasSynergyマイコン「S7G2」が搭載されている「SK-S7G2」です。評価ボードにはLEDが3つ用意されているので、L1,ONでLED1が点灯、L1,OFFでLED1が消灯、L2,ONでLED2が点灯、L2,OFFでLED2が消灯するコマンドを用意して、RS232通信を行える機能を作成しようと思います。デリミタは’\r’です。

それでは、新規プロジェクトを作成します。新規プロジェクトの作成方法は、下記のページを参考にしてください。

RenesasSynergy(1)-LED点滅

今回は、プロジェクト名を「RS232」としました。テンプレートは、BSPを選択しました。プロジェクトファイルが作成できたので、まずは、スレッドを2つ作成します。1つ目のスレッド(new thread0)は、特になにも処理をしないスレッドです。2つ目のスレッド(new thread1)は、RS232通信の受信と送信を行います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 はコチラ。あなたは会員ですか ? 会員登録はコチラ!

RenesasSynergy(4)-データフラッシュ

今回は、DataFlashを使用して、データを保存するファームウェアを作成します。使用する評価ボードは、「SK-S7G2」です。評価ボードにはLEDが3つ用意されているので、SWを押すたびに光るLEDが順番に変わるファームウェアを作成します。電源を落とした場合は、最後に光ったLEDがどれであるかDataFlashに保存して、電源をONした際に、DataFlashからどのLEDから光らせるか読み出します。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 はコチラ。あなたは会員ですか ? 会員登録はコチラ!