ATOM Lite(1)-動作確認

今回は、ATOM Liteを使用していみたいと思います。ATOM Liteは、M5Stack社が提供しているシリーズの1つです。コンパクトな開発モジュールで、サイズは24 x 24 mmとなっております。ESP32-PICO-D4チップを搭載しており、Wi-Fi、Bluetoothを利用できます。

各社センサー値(電圧)をPCに取り込むために、さまざまな装置が販売されております。以前、コストを抑えるために、GR-COTTONを使用ししました。GR-GOTTONによるADCに関しては下記のページを参考にしてください。

GR-COTTON(2)-電圧測定装置

もう少しコストを抑えたい、また、筐体に入っているとよりベストということで、何かモジュールを探していたところ、ATOM Liteを見つけました。M2のネジでHOLDすることもできます。

それでは、早速動作確認をしていきたいと思います。まずは、Arudino IDEを起動します。起動したら、ボードを設定します。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 ログインはこちら。
ログインするためには新規会員登録が必要です。会員登録はこちら。