ATOM Lite(4)-ADC DAC

前回は、ATOM LiteのTimer機能を使用した機能を構築しました。タイマー割り込みが発生すると、IOピン(G26)の出力をHIGH、LOW切り替える機能になります。下記のように10μsecにタイマーを設定して動作させてみました。

前回の内容は下記のサイトを参考にしてください。

ATOM Lite(3)-Timer

今回は、ADCとDACを使用したいと思います。ADCとDACの機能をタイマーの割り込み関数で呼び出す機能を構築したいと思います。ADCのピンには、パルス波を入力します。ADCでデジタル値に変換した値を、DACに設定して出力します。開発環境は、Arduino IDEになります。

それでは、ADCとDACの機能をタイマーの割り込み関数で呼び出す機能をを構築したいと思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 ログインはこちら。
ログインするためには新規会員登録が必要です。会員登録はこちら。