C++(3)-DLL作成

今回は、DLLを構築したいと思います。開発言語は、C++を使用します。開発環境は、Visual Studioです。DLLは、Dynamic Link Libraryの略です。動的リンクライブラリの意です。C++で構築した機能をC#で呼び出しを行いたいので、DLLを構築することにしました。

DLLから呼び出せる関数は下記の関数とします。

  • int calc_add(x, y); // 足算
  • int calc_sub(x, y); // 引算
  • int calc_mult(x, y); // 掛算掛
  • int calc_div(x, y); // 割算

作成したDLLからC#で関数を呼び出してみたいと思います。下記のような画面を作成して、DLLから関数を呼び出して演算します。

それでは、DLLを構築していきたいと思います。まずは、プロジェクトファイルを作成します。メニューより、ファイル、新規プロジェクト作成を選択します。

下記のような画面が表示されるので、テンプレート→VisualC++→Windowsデスクトップよりダイナミックリンクライブラリを選択、プロジェクト名(任意名)を入力して、OKを選択します。今回は、DllCalcというプロジェクト名にしました。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 ログインはこちら。
ログインするためには新規会員登録が必要です。会員登録はこちら。
2021年3月3日 | カテゴリー : C++ | タグ : , | 投稿者 : prog