RX(16)-ブートローダ(XMODEMプロトコルデータ受信処理)

現在、RXマイコンを使用して、ブートローダ機能を構築に取り組んでいます。使用するマイコンは、「RX66T」になります。「Renesas Starter Kit+ for RX66T」評価ボードを使用しています。開発環境は「e2studio」です。

アプリケーションコードを書き込むためには、まずは、書き込み領域を削除しなければなりません。前回は、Erase処理をブートローダの機能に追加しました。

前回の内容は下記のサイトになります。

RX(15)-ブートローダ(アプリケーション領域削除)

今回からは、アプリケーションコードのアップデート処理をブートローダに追加しようと思います。下記の機能を追加します。このアップデートの処理ですが、コーディングすると長いので何回かに分割してコーディングしていきたいと思います。今回は、主にXMODEMプロトコルを使用して、受信したデータを、バッファに保存する処理になります。

XMODEMプロトコルに関しては、下記のページが参考になると思います。

https://ja.wikipedia.org/wiki/XMODEM

それでは、コーディングしたいと思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 はコチラ。あなたは会員ですか ? 会員登録はコチラ!