Kali Linux(5)-Exploit Windows7

前回は、ホストPC(Windows10 PC)とゲストPC(VM VirtualBox:Kali Linux)でSSH通信を行おうと思います。ホストPCがSSHのクライアントでゲストPCがSSHのサーバで動作させました。

内容に関しては下記のリンクを参照してください。

Kali Linux(4)-SSH通信

今回は、Kali LinuxゲストPC(VM VirtualBox)でreverse_tcpのペイロードを作成して、Windows7ゲストPC(VM VirtualBox)でペイロードを実行して、Kali LinuxゲストPCから WIndows7ゲストPCを操作してみたいと思います。

使用環境は、下記のとおりです。

  • Windows10
  • VM VirtualBox:Kali Linux

まずは、reverse_tcpのペイロードを作成していきます。下記コマンドを実行して、metesploitのインターフェースを表示します。



このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 ログインはこちら。
ログインするためには新規会員登録が必要です。会員登録はこちら。