RX(14)-ブートローダ(アドレス移動)

現在、RXマイコンを使用して、ブートローダ機能を構築に取り組んでいます。使用するマイコンは、「RX66T」になります。「Renesas Starter Kit+ for RX66T」評価ボードを使用しています。開発環境は「e2studio」です。

前回は、下記のエラーが発生したので、その対応方法を検証しました。

  • W0561120:Section address is not assigned to “RPFRAM”
  • F0563100:Section address overflow out of range : “RPFRAM”

前回の内容は下記のサイトになります。

RX(13)-ブートローダ(RPFRAM)

今回は、ブートローダの処理をコーディングしたいと思います。今回コーディングする内容は下記の通りです。

  • 各種初期化関数
  • 電源投入時に、SW1が押されてなかったら、指定したアドレスに移動(アプリケーションコードへ移動)
  • 割り込みベクターテーブルをRAMへ保存

今回、指定したアドレスに移動する機能も構築するので、LEDを点滅する関数を作成してその関数へ移動するかどうか試してみたいと思います。

それでは、コーディングしたいと思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 はコチラ。あなたは会員ですか ? 会員登録はコチラ!