PIC(3)-RS232C通信

本日は、PICを使用したシリアル通信機能を構築しようと思います。

PICの周辺機器はUARTを使用します。UARTは、Universal Asynchronous Receiver Transmittionの略で、いわゆる汎用のシリアル通信の機能をもった周辺回路モジュールです。名前の通り、全二重の非同期式通信であり、調歩同期式通信とも呼ばれます。

RS232Cは、OSI参照モデルの物理層に位置づけされます。ネットワークの物理的な接続・伝送方式を定めたものです。PIC側とPC側の電圧レベルを合わせるために、中間に変換するデバイスが必要となります。中間デバイスとしては、MAX232やFT232などがあります。今回使用するボードには、FT232が使用されていました。

下記のコードは、RS232C通信規格で、UARTを使用した通信機能のコードになります。クライアント側から文字列を送信すると、PIC側から同じ文字列を返信する機能になります。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について