C#言語(6)-CSVファイルの読み込みと書き込み

今回は、アプリケーション上でCSVファイルを開き、変数にCSVファイルデータを保存した後、変数に保存してあるCSVファイルデータを書き込むアプリケーションを作成しようと思います。下記のようなダイアログを作成しました。

ダイアログの作成方法は、下記を参照してください。

C#言語(1)-アプリケーションを作成してみる

参照ボタンを押すと、読み込みたいファイルを選択する画面が表示されます。

実行ボタンを押すと、書き込み先ファイルを選択、または新規作成できる画面が表示されます。

書き込み先ファイルを選択すると読み込んだデータを書き込み先ファイルに保存します。

単純な機能ですが、よく使う機能だと思います。読み込むファイルにパラメータを設定しておき利用したり、読み込んだファイル加工して新規にファイルを作成したりといろいろと応用できます。

それでは、ソースコードを見ていきます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について