Kali Linux(3)-仮想環境のネットワーク構築

今回は、VM VirtualBox上で動作するKali Linuxのネットワーク環境を構築しようと思います。

使用環境は、下記のとおりです。

  • Windows10
  • VM VirtualBox:Kali Linux

今回のネットワーク環境は、下記の通りです。

  • アダプター1:NAT
  • アダプター2:ホストオンリーアダプタ

VirtualBoxの設定画面→ネットワークから、対象アダプタのタブを選択して、ネットワークアダプタを有効化をON、割り当てを選んで、設定完了です。

それでは、Kali Linuxを起動して、ネットワークの設定を行っていきます。Kali Linuxを起動して右上にあるネットワークのアイコンをみると、ethe0はConnectになっていますが、eth1はOffになっています。

試しにeth1をConnectしてみると、今度はeth0がOffになります。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 ログインはこちら。
ログインするためには新規会員登録が必要です。会員登録はこちら。