COMポートの増加防止

COMポートの削除の記事で、COMポートの削除の方法を紹介しました。しかし、COMポートが増える度にCOMポートが削除しているのは手間がかかります。また、同じメーカー、型式のRS232のデバイスであるのに、COMポート番号が変わるのは不便な時があります。そこで、同じメーカで同じ型式のCOMポートであれば、COMポート番号が変わらくなるようにWindowsPCの設定をすることにしました。

同じメーカで同じ型式のCOMポートであれば、COMポート番号が変わらくなるようにWindowsPCの設定する方法は下記のようになります。(下記はFT232チップの例になります。)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 ログインはこちら。
ログインするためには新規会員登録が必要です。会員登録はこちら。

COMポートの削除

最近、RS232通信を搭載した装置を検査していたところ、COMポートが順調に増加!ポートがどんどん増えていくので、一度COMポートを削除することにしました。

COMポートの削除の手順は下記のようになります。

デバイスマネージャーを開きます。デバイスマネージャーのメニューから[表示]→[非表示のデバイスの表示]にチェックして、接続されていないCOMポートも表示します。

削除したいCOMポートを選択して、右クリックメニューを表示します。[デバイスのアンインストール]を選択します。

デバイスのアンインストールの確認画面が表示されるので、[アンインストール]を選択します。

COM7ポートが削除できました!