Arduino(2)-バイポーラ方式ステッピングモーター

前回は、Arduinoを使用して、ユニポーラ方式のステッピングモーターを動かしました。今回はユバイポーラ方式のステッピングモーターを動作させます。駆動電圧は12Vです。1ステップは7.5度のものになります。

モーターの結線は下記のようになっています。

ArduinoはArduino Mega 2560を使用します。下記のように接続しました。
モータードライバはTB6674PGを使用します。

今回モータードライバが1相励磁、1-2相励磁に対応していないので、2相励磁で
ステッピングモーターを動作させたいと思います。1、2、3、4を必要に応じてHigh、Lowに変更することで電流を流します。

それでは、プログラミングをしていきたいと思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 ログインはこちら。
ログインするためには新規会員登録が必要です。会員登録はこちら。

Arduino(1)-ユニポーラ方式ステッピングモーター

今回は、Arduinoを使用して、ステッピングモーターを動かしたいと思います。ユニポーラ方式のステッピングモーターを使用します。駆動電圧は12Vです。1ステップは5.625度のものになります。

モーターの結線は下記のようになっています。

1相励磁、1-2相励磁、2相励磁でステッピングモーターを動作させたいと思います。1に12Vを流して押して、2、3、4、5を必要に応じてLowにすることで電流を流します。

ArduinoはArduino Mega 2560を使用します。下記のように接続しました。モータードライバはTBD62503APGを使用します。

それでは、プログラミングをしていきたいと思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 ログインはこちら。
ログインするためには新規会員登録が必要です。会員登録はこちら。