レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
プログラミングの技術の蓄積レポートです。

レポート一覧

RX(10)-CAN通信(送信・受信)

今回は、CAN通信のファームウェアを作成してみたいと思います。使用するマイコンは、「RX66T」になります。「Renesas Starter Kit+ for RX66T」評価ボードを使用します。開発環境は「e2studio」です。

そもそもCANとは、Controller Area Networkの略称で、ISOにて国際的に標準化されたシリアル通信プロトコルです。1986年ドイツの伝送メーカBOSCH社で自動車向けの通信プロトコルとしてCANを開発しました。今日では、CANの高い性能と信頼性が認められ、用途は多方面にわたっています。

今回は、CAN通信による送信と受信に着目して、ファームウェアを作成します。実際は、エラー状態などの遷移など構築する必要があるのですが、今回はとうりあえず送信と受信のみの機能となります。

それでは、CAN通信のファームウェアを作成したいと思います。今回作成するファームウェアは下記のような仕様にしたいと思います。

  • ファームウェアはデータを受信すると、受信したデータによって、「Renesas Starter Kit+ for RX66T」のLEDを点灯したり、消灯したりします。
  • ファームウェアは「Renesas Starter Kit+ for RX66T」のスイッチを
    押すと、データを送信します。

まずは、新規プロジェクトを作成します。新規プロジェクトの作成方法は、下記のページを参考にしてください。

RX(3)-RS232通信

プロジェクト・エクスプローラーに新規プロジェクトが追加されました。中央には、スマート・コンフィグレータが開かれると思いますので、コンポーネントの追加をしていきます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 はコチラ。あなたは会員ですか ? 会員登録はコチラ!

RL78G13(6)-CS+スマートエディット機能

RL78シリーズのマイコンに書き込むファームウェアを開発する際、私は、CS+を使用しています。RXシリーズのマイコンに書き込むファームウェアを開発する際は、e2studioを使用していました。e2studioを使用している時は、コーディングの入力支援機能(Visual Studioでいうとインテリセンス)が働くのですが、CS+では働かないなと思いながら開発を行っていました。

e2studioで開発をした後、CS+で開発すると、やはりこの入力支援機能があると便利だなと痛感するので、CS+でも入力支援機能がないか調べてみました。

調べた結果、CS+にはスマートエディットという機能があることがわかりました。スマートエディット機能はデフォルトでは、ONになっています。

[ツール]→[オプション]を選択して、オプション画面を表示します。スマートエディット機能がONになっています。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 はコチラ。あなたは会員ですか ? 会員登録はコチラ!

C#言語(12)-Windows10にMicrosoft .NET Framework 3.5をインストール

C#というより、今回は、Microsoft .NET Framework 3.5についてです。以前もWindows10にMicrosoft .NET Framework 3.5をインストールしようとしましたが、インストールできないという現象が発生しました。インターネットの情報などを参考に何とかその時はインストールできました。PCを変更したことにより、今回またMicrosoft .NET Framework 3.5が必要となったため、インストールを試みることにしました。

今回、Microchip製のCAN BUS Analyzerを実行しようとしたところ、Microsoft .NET Framework 3.5をインストールするように促されたため、インストールを開始しましたが、インストールに失敗しました。下記のような画面が表示されます。

エラーコードをキーにしてインターネット上で調べると、グループポリシーを変更して、再度試すような記事が多く出ていたので試してみました。早速グループポリシーの編集を行います。[ローカル コンピューター ポリシー]→[コンピューターの構成]→[管理用テンプレート]→[システム]の中の「オプション コンポーネントのインストールおよびコンポーネントの修復のための設定を変更する」を開きます。

「有効」にチェックを入れて、「Windows Server Update Service(WSUS)の代わりに、WIndows Update から修復コンテンツとオプションの機能を直接ダウンロードする」にもチェックを入れます。チェックを入れたらOKボタンを押して適用します。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 はコチラ。あなたは会員ですか ? 会員登録はコチラ!

C#言語(11)-OANDA APIを使ってドル円チャート作成

前回、OANDA APIをC#からWebリクエストして、ドル円の価格情報をタスクトレイのアイコン上に表示するアプリケーションを作成しました。内容は下記のリンクより参照できます。

C#言語(10)-OANDA APIを使ってドル円情報取得

ドル円の価格情報が取得できると、チャートも見てみたいなと思ってきます。今回は前回の作成したドル円の価格情報を取得する機能にチャートを表示する機能を追加したいと思います。

チャートの作成は、下記リンクのページで一度作成してみました。この時は、フォームの編集画面で、チャートの設定を概ね行いましたが、チャートの設定はコードで記載していきます

C#言語(9)-グラフの表示

機能としては、「ContextMenuStrip」に「元のサイズ」、「最小化」を追加します。「元のサイズ」を選択すると、5分足のチャートを10本を画面の右下の端に表示します。「最小化」を選択すると、5分足のチャートを10本を非表示します。

それでは、アプリケーションを作成していきます。以前、作成したドル円の価格情報を表示するアプリケーションを開きます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 はコチラ。あなたは会員ですか ? 会員登録はコチラ!
2020年6月17日 | カテゴリー : C# | タグ : , , | 投稿者 : prog

C#言語(10)-OANDA APIを使ってドル円情報取得

OANDA APIのWebリクエストをPythonを使用して行いました。この時は、ドル円情報、ドル円オーダーの情報を取得しました。下記のリンク先で内容を公開しています。。

Python(9)-OANDA APIをWebリクエスト

今回は、C#でOANDA APIを使ってWebリクエストをしてみたいと思います。Pythonはとても使いやすくて便利ですが、Windowsと連携させるのは、やはりC#(Microsoft)のほうが使いやすいです。なぜWindwosと連携させたいかというと、企業のPCはWindowsを使っているところが多いと思います。就業中に堂々とドル円の価格を検索するのも難しいですが、ちょっと気になるときにちょこっとの操作でドル円の価格を確認したい方もいるかもしれません。ということで、ちょこっとの操作でドル円を確認できるアプリケーションを作ってみたいと思いました。

今回、作成するアプリケーションは下記のようなタスクトレイ常駐機能です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 はコチラ。あなたは会員ですか ? 会員登録はコチラ!
2020年6月10日 | カテゴリー : C# | タグ : , , | 投稿者 : prog