レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加
プログラミングの技術の蓄積レポートです。

レポート一覧

RL78G14(1)-スイッチによるLED点灯

今回は、RL78/G14 Fast Prototyping Boardを購入したので、動作させようと思います。RL78/G14 Fast Prototyping Boardは、高機能なRL78/G14マイコンを搭載し、様々なアプリケーションの試作開発に特化した評価ボードです。E2エミュレータLite相当のエミュレータサーキットを内蔵し、追加のツール無しでプログラムの書き込み/デバッグが可能です。別売りのRL78/G1D BLE Module Expansion Board (RTKYRLG1D0B00000BJ)と組み合わせることで、BluetoothR Low Energy無線通信機能を容易に追加でき、IoTエンドポイント機器の早期試作が可能です。また、Semtech社製 SX1261/SX1262 LoRaRトランシーバを組み合わせることで、LoRaRに基づく無線通信によるIoTセンサデバイスを試作することも可能です。

今回は、動作確認なので、SWを押すとLEDが点灯するような機能を構築して動作させてみようと思います。Bluetooth Low Energy無線通信も次回以降に試していきたいと思います。

それでは機能を構築していきたいと思います。まずは新規プロジェクトの作成です。新規プロジェクトの作成方法は、下記のページを参考にしてください。

RL78G13(1)-SWによるLED点灯

今回は、プロジェクト名を「RL78G14_SW」としました。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 はコチラ。あなたは会員ですか ? 会員登録はコチラ!

RX(19)-ブートローダ(CRC16チェックサム)

現在、RXマイコンを使用して、ブートローダ機能を構築に取り組んでいます。使用するマイコンは、「RX66T」になります。「Renesas Starter Kit+ for RX66T」評価ボードを使用しています。開発環境は「e2studio」です。

前回はアプリケーション領域へアプリケーションコードを書き込んでいく処理を作成しました。ブートローダが動作することを確認できたと思います。

前回の内容は下記のサイトになりあます。

RX(18)-ブートローダ(アプリケーションコードの書き込み)

作成したブートローダは、SW1を押さずに実行した場合、アプリケーションコードに移動する仕様ですが、アプリケーション領域に有効なアプリケーションを含んでない場合あると思います。例えば、ブートローダを書き込んだ直後には
アプリケーション領域には何も書き込みはされていません。誤動作する可能性もあるので、アプリケーション領域のチェックをする必要があります。そこでアプリケーション領域に書き込みをした際に、CRC演算をしてアプリケーション領域のチェックサムを求め、コードフラッシュに書き込んでおき、再度電源を投入した際に、アプリケーション領域のチェックサム値を求め、書き込んだチェックサム値と比較することで、アプリケーション領域に有効なアプリケーションを含んでいるか判定しようと思います。

それでは、機能を構築していきたいと思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 はコチラ。あなたは会員ですか ? 会員登録はコチラ!

RX(18)-ブートローダ(アプリケーションコードの書き込み)

アプリケーション領域をアップデートするためのファイルの形式はモトローラS形式ファイルになります。こちらはSレコード形式のファイルになります。Sレコードに関しては、下記のページが参考になります。

現在、RXマイコンを使用して、ブートローダ機能を構築に取り組んでいます。使用するマイコンは、「RX66T」になります。「Renesas Starter Kit+ for RX66T」評価ボードを使用しています。開発環境は「e2studio」です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/S-record

前回は、XMODEMプロトコルを使用して受信したデータ(モトローラS形式ファイル)を解析するための関数を作成しました。前回の内容は下記のサイトになりあます。

RX(17)-ブートローダ(Sレコードファイルデコード)

今回は、前回作成したモトローラS形式ファイルを解析する関数を呼び出しながら、アプリケーション領域へアプリケーションコードを書き込んでいく処理を作成します。これで、ブートローダが動作すると思います。

それでは、コーディングしたいと思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 はコチラ。あなたは会員ですか ? 会員登録はコチラ!

RX(17)-ブートローダ(Sレコードファイルデコード)

現在、RXマイコンを使用して、ブートローダ機能を構築に取り組んでいます。使用するマイコンは、「RX66T」になります。「Renesas Starter Kit+ for RX66T」評価ボードを使用しています。開発環境は「e2studio」です。

前回は、XMODEMプロトコルを使用して、受信したデータを、バッファに保存する処理を行いました。

前回の内容は下記のサイトになります。

RX(16)-ブートローダ(XMODEMプロトコルデータ受信処理)

アプリケーション領域をアップデートするためのファイルの形式はモトローラS形式ファイルになります。こちらはSレコード形式のファイルになります。Sレコードに関しては、下記のページが参考になります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/S-record

今回は、XMODEMプロトコルを使用して受信したデータ(モトローラS形式ファイル)を解析する処理になります。これらを処理するための関数を作成していきます。

それでは、コーディングしたいと思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 はコチラ。あなたは会員ですか ? 会員登録はコチラ!

RX(16)-ブートローダ(XMODEMプロトコルデータ受信処理)

現在、RXマイコンを使用して、ブートローダ機能を構築に取り組んでいます。使用するマイコンは、「RX66T」になります。「Renesas Starter Kit+ for RX66T」評価ボードを使用しています。開発環境は「e2studio」です。

アプリケーションコードを書き込むためには、まずは、書き込み領域を削除しなければなりません。前回は、Erase処理をブートローダの機能に追加しました。

前回の内容は下記のサイトになります。

RX(15)-ブートローダ(アプリケーション領域削除)

今回からは、アプリケーションコードのアップデート処理をブートローダに追加しようと思います。下記の機能を追加します。このアップデートの処理ですが、コーディングすると長いので何回かに分割してコーディングしていきたいと思います。今回は、主にXMODEMプロトコルを使用して、受信したデータを、バッファに保存する処理になります。

XMODEMプロトコルに関しては、下記のページが参考になると思います。

https://ja.wikipedia.org/wiki/XMODEM

それでは、コーディングしたいと思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 はコチラ。あなたは会員ですか ? 会員登録はコチラ!